2017年10月16日月曜日

楽譜ビュワー

先週13日(金)、ハクジュホールでデイビット・ラッセルのコンサートを聴いてきた。バロックから、現代までの曲を超高水準の演奏で楽しませてくれた。

演奏のほとんど、楽譜を見ての演奏だったのだが、紙の楽譜ではなく、タブレットを見ての演奏だった。ピアニストがヴァイオリンの伴奏での会でタブレットを使っているのを見たことはあるけど、ギターの演奏会でのタブレットを見ての演奏は初めてだった。10分近いバロック期のパルティータの編曲や、グラナドスのラッセル自身の編曲の詩的ワルツ集等々譜めくり一切なしで弾いていた。譜めくりがどうなっているのかよくわからないけど、本番での譜めくりに楽譜を吹っ飛ばした苦い経験を思うと、切実に必要性を感じている。

タブレットだけではなく、iphoneでも使えるアプリがあり、今日インストールして試してみました。piaScoreというアプリで、もちろん無料。finaleで作った楽譜を、PDFに変換し、クラウドでスマホにダウンロードして使えることができた。スマホの画面ではA4の1ページを表示したら小さくてとても判らないけど、自動スクロールという機能があって1ページを何分何秒で譜めくりすると設定すると、少しずつスクロールしてくれる便利な機能がついていて、これならスマホでも結構使えるかなと思った。

実際にはiphoneのサイズちょっと小さいし、フリーズしたらどうなるとか色々心配だけど、紙の楽譜よりクリアに見れたり、書き込み機能もあるようなので、タブレットを買ってみようかと思案中です。

2017年10月5日木曜日

秋の花

今年も残り3カ月。今朝、久々にマクロレンズを引っ張り出して、記念公園へ行ってきた。少し色づいている木もあり、秋の気配が感じられた。

ケイトウという花



 ソバの花


 コスモス



 柿
 シオン

2017年9月28日木曜日

パルティータを聞き比べ

先日24日深夜(25日未明)のBSで、五嶋みどりのバッハの無伴奏全曲演奏の放送があり、月曜の朝から繰り返し視聴したり、itunesでも聞いている。
今日はパルティータ2番に限って、ギドン・クレーメル、ギル・シャハム、ヒラリー・ハーン、イツァーク・パールマン等々聞き比べてみた。ヴァイオリニストは著名な人は数多いだろうけど、バッハの無伴奏6曲を弾いている人は意外と少ないかもと思われた。もちろんギターの世界でも、リュートの組曲などをちゃんと全曲残しているのは稀有かな。

以前はクレーメルのシャコンヌを繰り返し聞いていた時期もあったけど、クレーメルより若い世代の人と比べると、あまりに重くて、パルティータとしては舞曲の組み合わせでの各舞曲の性格づけも若い世代の演奏の方がはっきりしていてわかりやすい。
それに、若い世代の人は装飾をごく自然に、そしてとても効果的に入れていると思う。

2017年9月25日月曜日

バリオスの映画

昨日、ある生徒さんさんが”伝説のギタリスト「マンゴレ」”の東京での2回目の上映を観てきて、パンフレットをわざわざ持ってきてくれた。2015年にパラグアイで作られたこの映画があること自体つい最近まで知らず、上映会を知った時にはすでに満席で予約を締め切っていたので、とても残念に思っていた。生徒さんの感想では、素晴らしい音楽を残した人だが、生き方については首をかしげることの多い人だった、と。
次の東京での上映会か、DVDの発売、ネットでのレンタルが始まることを期待してます。

予告編
https://vimeo.com/217136292

映画といえば、今月は3本観ました。「ダンケルク」、「三度目の殺人」とitunesで「君の名は」。「ダンケルク」は第2次世界大戦の映画の中でも異色で、英仏がひたすら撤退をせざるを得ない作戦を描いた作品。小型船や民間の船も動員しての撤退作戦があったことを知らなかったし、その撤退作戦の成功が兵力の損失を防ぎ、のちにドイツを降伏させた一因となっていたことを初めて知った。最近見た映画では一番面白かった。

2017年8月29日火曜日

「関ケ原」観てきました

毎年ほぼ11月に出させていただいている、ブエナフエンテの会の今年の日程が決まり、11月23日(木・祝)とのこと。イエペス没後20年・会の20周年でもあるので、宮本氏がスライドを使って色々お話を聞かせてくれる時間がたっぷり用意されるようで、イエペス秘話が沢山聞けることを楽しみにしている。自分が何を弾くか迷っているが、ロドリーゴとアルベニスを1曲ずつ考えている(曲名はチラシをお楽しみに)

今朝、映画「関が原」を観てきた。2時間半超の大作で、合戦シーンは迫力は見事!語りつくされた日本史の重要な一コマを、諜報合戦や寝返り裏切りの知られざる面を描いていて、おもしろく観られた。でも、肝心の三成役のジャニーズの看板スター、さすがにほかの実力役者との共演では、頑張ってはいるけどまだまだと思った。

2017年8月19日土曜日

初めて生でポンセの協奏曲を

18日(金)、夜ハクジュホールのギター・フェスタ2017を聞きに出かけた。後半のプログラムが普段めったに聞けないテデスコの幻想曲Op.145とポンセの南の協奏曲で、ピアノ伴奏が三舩優子さん、ギターは福田進一さんでの演奏。
テデスコの幻想曲は、ピアノとギターの二重奏のオリジナル作品。音量差を思うと、超レアな作品だと思う。
ポンセの協奏曲は、オーケストラで聞ける機会はまずないので、現在国内で聞ける最良の組み合わせによる演奏だったと思う。アランフェスや貴紳のオケ部よりかなり複雑になっているようで、ピアノ伴奏もかなりの難曲のようだった。

他には三舩優子さんのソロでピアソラの「ピアノのための組曲Op.2」が。ピアソラがクラシックの作曲家を目指していたことを思わせる作品で、演奏がとても素晴らしかった。ギターの伴奏では相当タッチを控えめにして、ギターの音を消さないように気を使って弾かれていたと思うけど、オリジナルのソロ作品なので本来のタッチを存分に聞かせてくれて、会場からブラボーの声も聞こえた。

なお、前半は荘村さんのソロでピアソラの5つの小品、バリオスの郷愁のショーロ、cobaの委嘱初演曲でした。

2017年8月18日金曜日

青梅の昭和レトロ三館へ

昨日の東京は、久しぶりに傘を持たずに外出できた。といっても、夏らしい晴天ではなく、相変わらずの曇天だったが。

奥多摩方面に出かけた帰りに、青梅市内を通ると古い映画看板が何枚も飾ってある一画がある。通るたびに気になっていて、調べてみるとその一画に赤塚不二夫会館があると分かって出かけてみた。
まずは沢井駅近くの小澤酒造の清流ガーデンで昼食を取り、少し多摩川の流れを見て楽しむ。



青梅駅近くに、赤塚不二夫会館昭和レトロ商品博物館昭和幻燈館の三館が近接している。
赤塚不二夫会館
 1階展示室


2階には原画(撮影NG)が。実物はとても綺麗で目を見張りました。
 トキワ荘の一室を再現

 路線バスの停留所・待合室
 昭和幻燈館

 有田ひろみ作の「猫町商店街」の絵が楽しい