2018年10月15日月曜日

新しい譜めくりペダル

iPadで楽譜を見るようになって約1年。Applepencilで書き込みも楽にできるし、急にさらい直したい曲が出てきても、iPadに入っていればすぐに見つけられる。かなり重宝しているが、A41面なので、紙の楽譜なら見開き1ページで譜めくり不用の曲も、踏めくりしなくてはいけないのが難点。
そこで必要なのが、譜めくり用のフットペダル。何機種か発売されているけど、楽譜ビュアーアプリが推奨していたのが、下の写真右側のAirTurn PEDproでタブレットを買ったのとほぼ同時期に購入。
(左)Donner Page Turner (右)AirTurn PEDpro
 (左)AirTurn PEDpro (右)Donner Page Turner
AirTurnは薄型でいいのだが、何せ反応が悪いというか、上手く踏まないとめくれない、踏んだ感覚がなく、めくれないと思い焦って強く踏み直すと2ページ譜めくりされたりと、結局指でスワイプしてめくることのほうが多い情況。本番では結局ほとんど使わずに、置いただけの状態だった。

昨日の夕刻、生徒さんが情報をくれて、Donner Page Turnerという去年の12月からAmazonで取り扱われるようになったペダルの使い勝手が良いというのが分かり、夜Amazonに注文。その商品が有料のプライムの会員ではないのに今朝の10時前には到着。あまりの早さにびっくり!!早速使ってみたけど、AirTurnよりはるかに楽に操作できる。厚みが難といえばいえるが、操作性がまず第一。来月のブエナフエンテの会では、置くだけにならないように、ちゃんと使ってみようと思っている。

2018年9月25日火曜日

スマートスピーカー買いました


今話題のスマートスピーカーを買ってみた。元々音質の良さは求めてないので、一番コンパクトで安価なものをと思っていた所に、ビックやヨドバシで期間限定半額セールで税込¥3240で売っていたので、ヨドバシのネット通販(送料無料)で入手。

グーグルのアカウントを持っていて、設定に必要なアプリがwifiで繋がっている状態で使えていれば、とても簡単にセットアップできた。一度bluetoothの設定を済ませればwifi環境のないところでも、iphoneとGoogle Home Miniを外に持ち出してiphoneやipadのbluetoothスピーカーとして普通に使える。ただ、iphoneのデザリングを使ってのwifi接続はできないようなのが残念な所。

子どもがiphoneのSiriで色々聞き出すことと同じ内容なことを、google home miniでも試してみた。使えば使うほど”賢く”なっていくということなので、今のところSiriのほうが優秀かも?

AIスピーカーとして、またラジコなどネットラジオ媒体として、スマホやタブレットのbluetoothスピーカーとして上手く使いこなせば、税込¥3240は超お買い得な気がします。

2018年9月15日土曜日

iMacが怪しい

今使っているiMacが、そろそろ限界のようだ。OSは10.7.5で、パソコンとしては化石に近いのだろう。スリープ状態にして終了して、次に立上げるのが数時間後だと起動してくれる時もあるけど、夜スリープにして、朝立上げようとすると反応してくれなくて本体裏の電源を押しての起動になってきた。
iMacは画面が大きく見やすいし、使い勝手も良いので買い替えをと思っているけど、家にはWindowsもあるし、iPadも使っているのでどうしようかと。最大のネックはアドビのソフトが毎年有料更新になってしまうこと。頻繁には使わないけど、イラストレーターなど欠かせないソフトがあるのが悩みの種。

今日の午後、府中の大国魂神社の参道脇の広場で、東京都酒造組合主催の「武蔵の国の酒祭り」に行ってきた。大国魂神社の敷地内にある松尾神社が京都にある松尾大社から勧請された神社で醸造の守護神とされるお社のよう。

 全国45県からの146銘柄のお酒を、ほんの少量ずつだが試飲でき、小雨降る中でもなかなかの盛況だった。
会場入口近くは、東京都の酒蔵のコーナーで、その後は北海道から沖縄へと。
全種を試飲はしなかったけど、東北(秋田、山形、福島)のお酒が美味しかった。
福島
あと2銘柄出品されていたようだが
人気で自分が行った時には無くなっていた
 山形
茨城のお酒
名前が面白くて試飲したけど・・・
愛知からは安城の神杉酒造が
関谷酒造が出品していてくれてたら良かったけど
高知のお酒
大国魂神社–新撰組-坂本龍馬のつながりが何となく面白くて

東北など北のお酒は芳醇で、南に行くほどすっきり辛口の傾向があると思った。



2018年9月8日土曜日

台風の影響

台風の後は、北海道の地震と自然災害が立て続けの日々。酷暑はひと段落といっても、30℃超えの日が続いていて、ギターを抱えての移動にはきびしい日が続く。
台風が襲来した火曜日は、新宿でのレッスン日で、用心してギターは持たずに出かけた。出かける時に平常運転だったJR、夕方には中央線は止まってしまって、早めに終わったレッスンだが動いていないので、京王線で分倍河原に行き南武線で帰ることに。中央線が動かない時に、新宿から西に向かうのは京王線か西武線、立川からかなり離れるけど小田急が選択肢なのだが、中央線利用者がまず思いつくのは京王線だろう。ドット乗客が集中し、あと一歩で入場制限がかかりそうな雰囲気の前になんとか列車に乗り込めたけど、超!超!超!超満員!!。電車が止まることが予想されたのに、休講にしなかった音楽教室上層部の判断に腹立たしい思いを抱えて帰ってきた。

大学院で建築学を専攻していて先月末にデンマークに留学した、高校生の時から長らくレッスンに通ってきていた生徒さんのFacebookを見て驚いた。留学前に自分でネットで留学先の大学近くに部屋を4ヶ月借りる契約をしたのだが、それが詐欺だったようで、行ってみたら住む部屋が無い破目に。なんとか大学の寮に入れるようになったようだが、WiFiが無かったり、空調や水回りに問題があったりと、日本では想像できない色々な問題に留学早々直面しているようだ。
優秀な人なので、なんとか乗り越えて充実した研究成果を持ち帰って、できればギターに戻ってきて欲しいものです。

2018年8月27日月曜日

いつまで続く酷暑

8月下旬になっても、35℃超えの猛暑日が続いていて酷い暑さに参ってしまうし、冷房を効かせた狭いレッスン室では体か冷えてしまったりと、体調管理が大変な日が本当に長く続いてます。今日の立川は37℃、アプリでの体感気温表示は45℃と8月上旬と変わらぬ暑さに。コンビニでは”秋味”というビールが並び始めたけど、その銘柄を買う気分にはなれない。”涼”とか”冷感”と付いているようなのがまだまだ欲しい気分。

上旬に終えたクラスコンサート後、次回に向けての曲決めの中で、一人の生徒さんがソルのアンダンテ・ラルゴをもってきた。この曲のレッスンはとても久しぶりで、まだまだ仕上がってはいないけど曲自体の美しさを再認識させられた。
自分が最初に弾いたのは、まだ上京前の最初の先生に就いている頃で、技巧的な曲ばかりをやっていた途中で課題として出されたので、曲の良さを全く判らずにただ弾いていたという記憶しかない。でも、年とともに?この曲の美しさに気付いて時折さらったことはあったけど、しばらく弾いていなかったしレッスンでも取り上げていなかったので、先日本当に久々に聞いて、ソルの作品の中でも古典的な均整の中に叙情性をたたえた名小品ではないかと強く感じた。レッスンをしながら、自分でさらい直そうと思ってます。

東京にも名古屋のコメダ珈琲が進出してきて久しく、多摩地域でも住んでいる立川周辺の国立、国分寺、府中、日野、昭島にあるのに、なぜか立川店はない。ドドール系の星乃珈琲はあるのに。
普段は飲むたびに豆を挽いてドリップして飲んだり、夏場は水出し珈琲を深煎り豆で一晩抽出して家で楽しんでいるけど、たまにはお店で飲みたい気分の時もある。今朝、子どもと一緒に一番近い昭島店へ行って会計をしようとしたら、会計横にコーヒーキャンディ(サクマ製菓制)が売られていて、ついつい買ってきてしまった。

2018年8月17日金曜日

15日無事帰京

15日に立川に戻り、16日にレッスン再開ですが、お休みの生徒さんも多くのんびりしています。

グループホームに入っている母親に13日に1年ぶりに会い、思っていたより元気で少し安心。ただほとんど外出する機会がないので、歩行はかなり怪しくなっていて、去年箱根に行ってなんとか坂道を歩いていたけど、今は無理なような気がしました。

14日は、兄宅のある津市で昨年末に国宝に指定された高田山専修寺へ。
寛文6年(1666)建築
国宝御影堂

御影堂と如来堂の廊下
寛延元年(1748)建築
国宝如来堂

15日は愛知県新城市の四谷千枚田と静岡県掛川市の掛川城に行って、3件の事故渋滞と帰省渋滞に巻き込まれたけど、大した事なく18時前に無事自宅へ。

設楽町の関谷酒造に行ってから、棚田100選に選ばれている新城市の四谷千枚田に。
稲穂が頭を垂れてました
 御殿から見た掛川城
天守内部は木造再建されている
 新幹線で往復していた頃は車窓から観ていた掛川城
天守閣から新幹線を

今日(17日)は、国立科学博物館での昆虫展へ。












2018年8月12日日曜日

お盆休み

今日12日から15日まで、お盆休みで刈谷で1泊し、母のいる三重で2日過ごして15日に東京に戻る予定。
いつもお昼過ぎに立川を出て、夕方刈谷に到着というのが父が存命だった時からパターン。これまでは午前中に所用を済ませてからの出発でも平気だったけど、最近は運転途中に猛烈な睡魔に襲われるようになってきた。今日は途中で猛烈な雷雨に遭遇し、短時間ではあったけどかなり緊張というか神経を使う時間があり、その後の渋滞にはならないけど交通量が多いせいでのゆっくりな流れで襲ってきた睡魔にはほとほと参った。帰省のパターンを考え直さねばと、つくづく思わされた日です。

刈谷近辺も大気が不安定のようで、どしゃ降りではないものの雨模様で気温は26℃くらいで、酷暑を覚悟してきたけどそれは免れて一安心。
明日は早めに出て、万年渋滞している鈴鹿&亀山近辺を通過したいと思ってます。