2018年6月6日水曜日

楽器の日

今日6月6日は”楽器の日”というのを、ご存知でしたか。ギターを弾いていますが、つい先日まで全く知りませんでした。
楽器の日と制定した全国楽器協会のサイトなどによれば、制定されたのは昭和45年(1970年)で、すでに制定されて48年も経っているようです。6月6日にしたのは、昔ながらの稽古ごとを始めるにあたっての風習にあやかっての日にちのようです。

毎朝聞いている某国営放送のラジオで、”今日はなんの日”というコーナーがあるのですが、今朝の放送では”楽器の日”という紹介はありませんでした。これまでにもなかった気がしています。
全国楽器協会というと楽器に触れ合って音楽体験文化体験をというより、楽器を”買って”音楽体験をしましょうという販促の意図を、某放送局は感じ取っての紹介無しなのかなと思ってしまうのは考え過ぎでしょうか。

今回初めて知った日ですが、ギターを教えていて音楽をしている身としては、多くの人がジャンルにかかわらずに楽器に触れることで音楽を楽しめることを願うし、老若男女が音楽(楽器)を通して語り合い触れ合う場所や時間が持てる世の中であって欲しいと思います。

2018年6月4日月曜日

東京の大仏

日ノ出町に、現存する座像大仏で日本で2番目の高さ(鎌倉の大仏より高い)のものがこの春できたと知り、今朝出かけてきた。
日ノ出町の宝光寺(ほうこうじ)にあり、お寺の裏山・鹿野山(ろくやさん)の山の上にあるので、鹿野大仏と命名されている。ウィキペディアによると、仏像完成が今年の2月で、公開は4月から。
大仏まで登っていくメインの参道はまだ未整備のようで、閉ざされていた。

駐車場(駐車料金500円かかるけど参拝料・拝観料は無料)から
 この参道はまだ通れない

 西参道から10分ほど登ると大仏に

 小さく人が写っているので
その大きさを想像してみてください




お寺の近くに、他にこれといった観光施設はなさそうで、少し離れたところにサマーランドがあるくらいか。静かで良いかも?

2018年6月2日土曜日

先日の感想を聞いてみました

プルソ・ア・プルソが終わって1週間。何人かの人に感想を聞いてみた。
前半(古典曲)と後半(近代&スペインもの)のプラグラミングがよく考えられていて、いい流れだったと言ってくれた人がいました。
前後半でどちらがよかった?と質問してみたら、多くの人が前半という答えだった。その中でもカルリが明るく、親しみやすいメロディーで楽しく聞けたということでした。

普段ピアノやオケの作品を聞かずに、聞くとしたらほぼギター曲だけという人には、プーランクは難しいとのことでした。プーランクはレパートリーにしていないピアニストの嫁さんは、そんなに悪くはなかったと言ってくれてますが。

中には、PAを使っていたと思った人がいて、マイクは録音用で生音だといってもなかなか信じてくれない人も。あの会場の大きさなので、音は充分通っていたはずで、デュオのバランスもおおむね好評でした。

一番のきびしい感想は、10歳のうちの子で、「とても緊張しているのが分かったし、時々違う音もあったね。合わせのフライングもあれはよくないよ」とのお達し。ソロのデ・ラ・マーサのハバネラの旋律冒頭のビブラートは、「演歌(大月みやこ)のこぶしみたい」とも。
ほとんどの曲を耳タコ状態で覚えてしまって、昨日は学校の宿題を、カルリのロンドとプーランクのシューベルト讃のメロディーを口笛吹きながらしてました。

2018年5月31日木曜日

譜めくり失敗して

26日の会で、ipadでpiascoreというアプリで楽譜を見たのだが、一度タップを失敗して踏めくりができずに弾き直す破目に陥ってしまった。合わせ練習の時にタップを失敗しなかったし、一人での練習でもほとんど記憶がないくらいの失敗。
失敗して気がついたが、このアプリには演奏モードというのがあり、書き込みモードや楽譜一覧に戻る表示を出さない機能があった。アプリを入れた時にマニュアルを読んではいたが、すっかり忘れていた。ただこの機能を使うと、曲を変えることができずに、曲が変わるごとに機能をオン・オフしなくていけないのが難点。改善してくれるといいのだが。

今回は紙の楽譜も譜面台に乗せて実際に見ることもあったが、タブレットの楽譜の方が明るく見やすいし、譜めくりが大変になるが常に正面に楽譜を表示させているのでもっと使い慣れて失敗しないように、そしてフッとペダルを使いこなして手でのタップなしで使えるようにしたい。ただ怖いのはフリーズ。今日練習中に、曲目を変えようとして楽譜一覧にしようとしたら固まった。一度固まったら、電源ボタン長押しして強制再起動しないと回復しない。回復してまた楽譜が使えるまでの時間は結構かかるもので、もし本番で起きたら恐ろしく長く感じるだろう。本番の折にはいざという時のために、紙の楽譜を用意しておかないといけないのだろう。

2018年5月27日日曜日

プルソ・ア・プルソ終えました

昨日26日(土)、原宿のアコスタディオにて無事プルソ・ア・プルソを終えました。
スカルラッティから、プーランク、アルベニス、グラナドスの近代までの作品で、多少事故っぽいこともありましたが、何とか終えました。次の機会にはさらによい演奏ができるように、さらに頑張ります。

昨日の5時半が会場入りに時間だったのですが、原宿駅には5時頃に到着。駅の通路からすでに竹下口に出るには満員の人で、久しぶりの原宿の混雑ぶりに圧倒された。それと、なんと外国人の多いことか!立川でも多くなってきていると感じているけど、原宿は桁がちがうと思った。地方の子や中・高生があこがれていく街原宿のイメージは、海外の人が日本の若者文化に触れ会い、刺激し合う街になりつつあるのだろう。

2018年5月5日土曜日

東京タワーへ

東京に出てきて35年近く、昨日初めて東京タワーに行ってきました。ゴールデンウィークなので超混雑で、メインデッキに上がるためのチケットを買うのに30分近く行列し、エレベーターを待つのにまた行列。でも天気が良く、なかなか楽しめました。
 メインデッキから
 333匹の鯉のぼり


 増上寺

2018年4月30日月曜日

千葉北部へ

今日月曜は、振替休日でレッスンはお休み。昨日&今日で千葉へ。野田市にある清水公園のフィールドアスレチックで、子どもが遊ぶのが第1目的で1泊で出かけた。
昨日の宿の我孫子市には、手賀沼という結構大きな沼があり、そのほとりには日本で唯一という鳥の博物館があった。珍しいと思い立ち寄ったが、鳥類の歴史や、手賀沼で見られる四季それぞれの鳥や世界の鳥を展示してあって、興味深く見学できた。
手賀沼


クイズコーナーに初代?iMacが
今日は午前中にフィールドアスレチック、お昼頃にはキッコウマン(野田市)の工場見学へ
 宮内庁に納める醤油の製造をする御用蔵内部の仕込み室の木桶
売店で購入した
亀甲萬御用蔵醤油で刺身をつまみつつ
十四代で軽く一杯